ミラノ発直輸入ワインのご紹介⑲

ミラノ発直輸入ワインのご紹介⑲

【本日休業中】

皆様こんにちは。
今回からトスカーナ地方のワイナリーを5つ所有するBACCIバッチグループのワイナリーをご紹介致します。その中でも本日はこのグループのご紹介です。

バッチは、トスカーナ内の一連の有機農場を通じて、3つの主要なトスカーナDOCG(キャンティ クラッシコ、ブルネッロ ディ モンタルチーノ、モレッリーノ ディ スカンサーノ)でトスカーナにおける素晴らしいブドウを収穫しています。

5つのワイナリーとはCastello di Bossi カステッロ ディ ボッシ、Tenuta di Renieri
テヌータ ディ レニエリ、Barbaione バルバイオーネ、Renieri レニエリ、Terre di Talamo テッレ ディ タラモです。ワイナリー全体で900ヘクタール以上の土地をカバーし、赤、白、ロゼ、甘口、スパークリングワインを含む21以上のワインで表現しています。このグループの経営はマルコ・バッキの手に委ねられており、彼は息子のヤコポと国際的な起業家であるセルゲイ・ベロソフとともに、世界中にトスカーナの素晴らしさを表現しています。

彼らのヴィジョンでは、優れた品質と風味の基準を保証するために、ワイナリー全体で有機ワインを完璧に生産すること、とあります。

1959年に生を受けたマルコ バッチはアパレルや不動産会社経営を経て、1984年にカステッロ ディ ボッシを購入しました。その後彼はジンバブエの牧場を購入し、クロサイの保護地域の創設に携わったりしましたが、1996年には完全にモードの世界を手放し、ワインの世界に身を投じました。1998年にブルネッロ ディ モンタルチーノを生産するためにレニエリを購入し、2001年にはモレッリーノ ディ スカンサーノDOCGでテッレ ディ タラモを購入しました。 このようにして、3つの主要なトスカーナDOCGがカバーされました。また、彼は国際コンサルティングとトレーディングの100%を所有しており、ベラルーシ共和国の名誉領事でもあります。趣味は、ダイビング、釣り、スキー、狩猟、飛行、フェラーリなど多岐に渡っています。

次回からは彼ら所有の各ワイナリーをご紹介致します。

皆様、いつもありがとうございます。

なお、サバティーニ・ディ・フィレンツェ東京店 (有楽町ヒューリックスクエア)は営業しておりますので、こちらもアルコール提供は中止しておりますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

#イタリア #イタリア料理 #イタリアワイン #リストランテ #ワイン #丸の内 #丸ビル #東京駅 #東京駅グルメ #赤ワイン #トスカーナ #キャンティ #ブルネッロ #モレッリーノ #バッチ #anticaosteriadelponte #tokyo #marunouchi #ristorante
#vino #chianti #brunello #morellino #castellodibossi #renieri #bacci
#toscana #eziosantin #投稿