30mの海底から地上200mへ

ミラノ発直輸入ワインのご紹介 TENUTA DEL PAGURO

【本日営業中】
皆様こんにちは。

前回より日本初上陸、カーディナル直輸入イタリア地中海の海底で熟成されたワインをシリーズにてご紹介しています。現在日本でも話題となっているアンダーウォーターワインです。

今回はミラノから南に約300km、車で3時間弱の場所にある、世界遺産の街ラヴェンナ沖、アドリア海の海底30mで熟成させたワインです。

TENUTA DEL PAGURO
テヌータ デル パグーロ(ヤドカリ)

古くラヴェンナは西ローマ帝国の首都でした。
当時のバッカス祭では、「サルシ」ワインまたは「サラーティ(塩漬け)」ワインが作られました。これらのワインは、天日干しされたブドウに加え、熟成を促進し酢酸化を防ぐために精製段階の前に海水を順番に混合し、色々なワインを巧みにブレンドして作られるものです。

今日のラヴェンナは活気あふれるイタリアの重要な港となり、ビザンチンの文化が深く残っている町です。

このワイナリーはAlbanaアルバーナ、Sangioveseサンジョヴェーゼ、Pagadebitパガデビット、Cagninaカニーナと他ロマーニャ地方の品種を栽培しています。

ラヴェンナに住むジャンルカ・グリッリは2010年に直感で決意と熱意をもってワインの研究と革新の道を歩み始めました。パグーロ協会と呼ばれるダイバーチームの協力を得て、彼はテヌータ デル パグーロのワインを深さ30メートルの難破船に沈め、最適な熟度に達するのを待った後、それらを回収することを始めたのです。

ここは水中オアシスで作られた特別なミクロクリマです。

摂氏10〜13度の一定温度を維持し、製品の熟成に理想的な環境を作り、甲殻類の生息地になります。

紫外線がまったくないため、光による変化からワインを保護します。

瓶詰めの圧力(1バール)と熟成(深さ約30メートルで4バール)の圧力差。

ワインの分子を「生きた」状態に保つ潮流による調和のとれたマッサージ。

これらが、テヌータ デル パグーロのワインの熟成を唯一の物にする決定的な要因です。

ステンレスで発酵させ、シーリングワックスとシェラックのシールで保護されたコルクで瓶詰めした後、アルバーナ、サンジョヴェーゼ、メルロー、カベルネは難破船にゆりかごを見つけました。そして、海底に固定された亜鉛メッキされた金属メッシュのバスケットの中で、それらは30メートルの深さで6〜12ヶ月間沈められ、その種の独特の調和のとれた丸い味を変えることなく熟成します。

この特別な熟成プロセスは、天日干しブドウで生産された「サルシ」ワインの過去を思い起こさせ、熟成される水中オアシスのように、決して酢酸化せず、並外れた特徴を持つワインに変えることで、現代に戻します。

ロマーニャ地方の芸術、歴史、文化は、何よりも海から丘に広がる土地への情熱と愛情です。

実際、背後に控えるヴェナ デル ジェッソと呼ばれる壮大なシルバーグレー色の連なる山々(冷風に対する障壁として機能します)と谷のおかげで、土着のブドウ品種やオリーブの栽培両方に理想的なミクロクリマになります。温暖な気候と自然に生育する野草は、ワインに独特の香りを与え、それらの価値と特異性を与えています。

ブドウ畑はリオーロ テルメの丘の上にあり、アルバーナ(イタリアで最初のDOCG)やサンジョヴェーゼなどのこの地域の土着ブドウ品種と、メルローやカベルネなどの国際ブドウ品種が栽培されています。

気候と土地(南西向き)、土壌の特徴(やや粘土質、石灰岩とカリウムが豊富)、ブドウ栽培の知識が、テヌータ デル パグーロの海底熟成と結び付け、柔らかく、甘い偉大なワインを作ることができます

これらワインも日本においてはアンティカ・オステリア・デル・ポンテとサバティーニ ディフィレンツェ東京店のみの取り扱いでございます。在庫が非常に限られたものとなっておりますので、コンディションが落ち着き、飲みごろを迎えたらお早めにどうぞ。
日本初上陸のイタリア海底熟成ワインを是非お試しくださいませ。

#イタリア #イタリア料理 #イタリアワイン #リストランテ #ワイン #丸の内 #丸ビル #東京駅 #海底 #海底熟成ワイン #蔓延防止等重点措置 #日本初上陸 #アンダーウォーターワイン #ラヴェンナ #アルバーナ #サンジョヴェーゼ #赤ワイン #テヌータデルパグーロ #anticaosteriadelponte #tokyo #marunouchi #ristorante #vino #emiliaromagna #tenutadelpaguro #ravenna #eziosantin #投稿

お問い合わせ
ご予約はこちら

ネット予約は24時間受付

店舗情報

ANTICA OSTERIA DEL PONTE(アンティカ・オステリア・デル・ポンテ)

ANTICA OSTERIA DEL PONTE(アンティカ・オステリア・デル・ポンテ)

住所
〒100-6336
東京都千代田区丸の内2-4-1
丸の内ビルディング 36F
アクセス
JR 東京駅 徒歩5分
地下鉄 東京駅 徒歩3分
地下鉄 大手町駅 徒歩8分
地下鉄 二重橋前駅 徒歩3分
電話番号
050-5385-3668
営業時間
【ランチ】
11:30~15:00(L.O.14:00)最終入店13:30
【ディナー】
17:30~22:00(L.O.20:00)最終入店19:30
定休日
【定休日】丸ビル休館日に準ずる
決済方法
現金: 可 
クレジットカード ; VISA  マスター  UC  アメックス  DINERS  JCB  銀聯 
電子マネー ; Suica  PASMO  iD  QUICKPay  ApplePay 
QRコード決済 ; 楽天ペイ  PayPay  LINEPay  d払い  Alipay  WeChatPay 
備考
当店はインボイス (適格請求書発行事業者) 登録済み店舗です。領収書の発行も可能です。

キャンセルポリシー
◆ダイニング
キャンセル又はご連絡なくご来店がなかった場合につきまして、お一人様につきお選び頂いたコースのキャンセル料を下記のように頂戴致します。ご予約時間より30分遅れる場合は自動的にキャンセルとなる場合がございますので、お時間に遅れる場合は必ずお電話にてご連絡下さい。
キャンセル料:当日100% 前日50%
席のみ予約の場合 ランチタイム:¥8,000/人 ディナータイム:¥25,000/人

◆個室
人数変更の場合はダイニングと同様とさせて頂きます。
個室全体のキャンセル
・実施日の6日前から前日まで→コース料金の50%
・実施日の当日→コース料金の100%